本文へ移動

学術報告・情報

関連情報

九州産業大学がハナビラタケの全ゲノム解読に世界で初めて成功

九州産業大学は東京女子医科大学と共同し、ハナビラタケの全ゲノム解読に世界で初めて成功。免疫活性化に効果があるとされるβ-グルカンなどの成分の合成に関与する遺伝子群を発見。更に、ハナビラタケ水抽出物中に動脈硬化に有効と考えられている女性ホルモン(エストロゲン)と同様の作用を示す成分(サイレントエストロゲン)の存在を発見したとして2018年10月30日に発表されました。
サイレントエストロゲンは、ガン発生リスクの少ないエストロゲンであるとされています。

 

キリンがアルツハイマー病原因物質の沈着を抑える成分を発見
キリン株式会社の基盤技術研究所は、小岩井乳業株式会社、国立大学法人東京大学大学院農学生命科学研究科と共同で、カマンベールチーズの摂取がアルツハイマー病への予防効果があることを確認、更に、その中に含まれる有効成分として、オレイン酸アミドとデヒドロエルゴステロールを発見した。研究成果は米国科学誌「PLOS ONE」に論文として掲載。
-----------------------------------------------------------------------------
*ハナビラタケ及び乳酸発酵ハナビラタケにも、
「オレイン酸アミド」、「デヒドロエルゴステロール」が含まれています。
-----------------------------------------------------------------------------
*上記は、一般公開情報によるものです。

ハナビラタケに関する学術報告 (当社が関わった主な研究)

第127年会日本薬学会
▶ハナビラタケ超微粉末の糖尿病マウスにおける血糖低下作用
第128年会日本薬学会
▶ハナビラタケの血圧上昇抑制効果のメカニズムに関する解析
第57回日本体質医学会
▶ハナビラタケの耐糖能に及ぼす影響「ヒト試験」
第22巻日本東邦医学会
▶ハナビラタケの血糖とインスリン濃度に及ぼす影響
第129年会日本薬学会
▶脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)におけるハナビラタケの脳血管内皮機能改善効果
平成21年度日本農芸化学会
(第30巻日本東邦医学会)
▶ハナビラタケ分画エキスのメラニン産生に対する影響
▶ハナビラタケはラットの体脂肪蓄積を抑制する
▶ハナビラタケ(Sparassis crispa)廃菌床の乳酸発酵物におけるトリグリセリド,コレステロール等の動向
第14回日本機能性食品
医用学会総会
▶β(1-3)グルカン含有茸ハナビラタケによる自然免疫の活性化
▶生乳酸菌添加ハナビラタケの抗腫瘍作用の解析
第15回日本機能性食品
医用学会総会
▶乳酸発酵ハナビラタケの抗腫瘍作用に関する基礎的研究
*大腸がん細胞摂食マウスにおける腫瘍組織の容積及びアポトーシス細胞分布
*乳酸発酵ハナビラタケ摂食マウスの小腸上皮における好中球細胞、NK細胞及びマクロファージの分布
*乳酸発酵ハナビラタケ摂食マウスの血液中のIL-6濃度及び小腸上皮におけるp-Sykの発現細胞の分布
*乳酸発酵ハナビラタケ摂食マウスの小腸上皮におけるCCR2発現細胞の分布
株式会社かつらぎ産業
〒649-7206
和歌山県橋本市高野口町向島123-1
TEL.0736-44-1501
FAX.0736-44-1502
■業務内容
1.種菌開発と製造販売
2.生産資材及び基材の開発製造販売
3.生産機器の販売
4.生産施設の設計
5.健康食品及び食品原料の開発
2020年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る