本文へ移動

乳酸発酵ハナビラタケ

乳酸発酵ハナビラタケ

こだわり抜いたからできた健康素材・・・乳酸発酵ハナビラタケ

ハナビラタケは、食物繊維、β-グルカン、アミノ酸が豊富に含まれることから、近年健康食品として用いられるようになりました。 私たちは、このハナビラタケの生産に2000年から取り組み、また大学との共同研究も含め、健康に関する有効なデータも多数蓄積して参りました。
私たちは、このハナビラタケの実力を知り更にパワーアップできないかと試行錯誤を繰り返し、ハナビラタケ乳酸発酵技術の開発に成功しました。(特許取得)
乳酸発酵ハナビラタケが、皆様の健康と明るい未来のお役に立てればと思っております。 

乳酸発酵技術

ハナビラタケ食品原料
乳酸発酵ハナビラタケは、かつらぎ産業のオリジナル製品で、全てわが社独自の研究開発によって完成したものです。
 ① ハナビラタケ・・・自社株(品種改良)
 ② 植物性乳酸菌・・・自社株(KLB-1)
 ③ 発酵方法  ・・・特許取得(2017年)​           
           「乳酸菌及び発酵物の製造方法」​

β-グルカン 含有量

β-グルカン 含有量
★ハナビラタケには、乾燥100g中に約40gのβ-グルカンが含まれる。
​★ハナビラタケは、乳酸発酵することでβ-グルカン抽出量が約20倍となった。

注目の成分

​名称
含有量
(乾燥100g当り)
摘 要
オレイン酸アミド
1.1mg
脳内のアミロイドβなどの老廃物を除去する役割を担うミクログリアと呼ばれる細胞を活性化しながら抗炎症活性を示す成分とされている。
デヒドロエルゴステロール
10.4mg
脳内のアミロイドβなどの老廃物を除去する役割を担うミクログリアと呼ばれる細胞の抗炎症活性を示す成分とされている。
エルゴステロール
439mg
紫外線を受けてビタミンD2となる。
ビタミンDは、カルシウムとリンの吸収促進、骨や歯の形成に役立つ成分とされている。
*分析機関調べ

アミノ酸

項目
​名称
含有量
(乾燥100g当り)
名称
含有量
(乾燥100g当り)
必須
アミノ酸
バリン
0.​91g
トリプトファン
0.23g
ロイシン
1.34g
ヒスチジン
0.33g
イソロイシン
0.66g
スレオニン
0.79g
メチオニン
0.21g
リジン
0.89g
フェニルアラニン
0.61g
非必須
アミノ酸
アルギニン
0.85g
グリシン
0.79g
アスパラギン酸
1.73g
プロリン
0.62g
シスチン
0.21g
セリン
0.84g
チロシン
0.39g
ヒスチジン
0.33g
アラニン
1.15g
アスパラギン
-
グルタミン酸
2.31g
グルタミン
-
*分析機関調べ

栄養成分

項目
含有量
(乾燥100g当り)
熱量
383kcal
た​んぱく質
20.8g
脂質
2.5g
炭水化物
69.3g
食塩相当量
0.07g
*分析機関調べ

安全性

項目
結果
備考
​LD50
>5,000㎎/kg
残留農薬
検出されず
農薬443項目実施
*分析機関調べ
株式会社かつらぎ産業
〒649-7206
和歌山県橋本市高野口町向島123-1
TEL.0736-44-1501
FAX.0736-44-1502
■業務内容
1.種菌開発と製造販売
2.生産資材及び基材の開発製造販売
3.生産機器の販売
4.生産施設の設計
5.健康食品及び食品原料の開発
2020年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る